シミ(しみ) 食事

食事でシミを薄くできる!?

 

ご飯とおかずの画像

 

シミは外側からのケアも大切ですが、内側からのケアもとても大切です!

 

時間はかかりますが、食事を中心とした生活習慣に気を配ることで美しい肌を保つことにつながります。

 

今回はシミに効果を示す成分と食べ物について紹介します。

 

シミに有効な成分7選

ビタミンC

言わずと知れた美白ビタミンです。ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニンを作り出す酵素であるチロシナーゼの働きを阻害する働きがあります。

 

また、メラニン色素を還元し無色化する効果もあります。しかし、体内から尿ととともに排出されやすいため、こまめに口にするようにすることが大切です。

 

セラミド

保湿成分として知られるセラミドですが、メラニンの生成を抑えてくれるためシミの予防効果があります。

 

また、メラニンは外的刺激からも生じますので高い保湿効果でバリア機能を向上させてくれるセラミドはそういったシミの予防にも効果的です。

 

リコピン

高い抗酸化作用があり、肌の老化を進めてします活性酸素を除去してくれる働きがあります。

 

肌の参加を防止することでシミ・シワなど肌の老化現象を食い止めます。

 

L-システイン

シミ対策薬にも多く起用されているL-システインにはシミをつくってしまう原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、角質に溜まってしまったメラニンの排出を助けます。

 

メチオニンという酵素を摂取することで、体内で生成されます。

 

ビタミンE

若返りビタミンと呼ばれるビタミンEには高い抗酸化作用や、ターンオーバーを促進する働きがあります。

 

血流も促してくれるため、肌色がよくなり、ツヤやハリも生まれます。

 

βカロチン

強い抗酸化作用があり、肌の老化を防ぎます。また、肌の炎症を抑える効果がありますので炎症性色素沈着が出来にくくなります。

 

体内で必要に応じてターンオーバーを促進する働きがあるビタミンAに変換されます。

 

エラグ酸

高い抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑える効果もあります。

 

ビタミンCと同時摂取することでより高い効果を期待できます。

 

上記成分を含む食材と、おすすめレシピ

ビタミンC

 

含まれる食品:レモン・アセロラ・ゆず・パセリ・ゴーヤ・オレンジ

 

【キウイジャム】

 

材料
  • キウイ(果肉):700g
  • ミントの葉:4〜5枚
  • グラニュー糖:300g
  • レモン汁:大さじ2

 

  1. キウイを半分に切ってからスプーンで果肉を取り出し、荒く刻みます。
  2.  

  3. 大きめのボウルに刻んだキウイとグラニュー糖、レモン汁、ミントを入れて混ぜ合わせラップをせずにレンジで4分ほど加熱します。加熱したらかき混ぜ、再び4分。これを4回繰り返しましょう。
  4.  

  5. 4回繰り返したら粗熱を取り、瓶に詰めて冷蔵庫で保存しましょう

 

セラミド

 

含まれる食品:こんにゃく・ブロッコリー・牛乳・大豆・小麦

 

【こんにゃくの和デザート】

 

材料
  • 板こんにゃく:1枚
  • きび砂糖:小さじ3
  • きな粉:大さじ3

 

  1. こんにゃくはあらかじめ塩ゆでし、水にさらしておきましょう。棒でたたいて柔らかくし、手で一口大にちぎります。
  2.  

  3. ちぎったこんにゃくにきび砂糖ときな粉をまぶし、お好みで黒蜜をかければ出来上がり。

 

リコピン

 

含まれる食品:トマト・スイカ・柿・ピンクグレープフルーツ

 

【トマトとブロッコリースプラウトのサラダ】

 

材料
  • レタス:1/2玉
  • ブロッコリースプラウト:1パック
  • トマト:1個
  • ブラックオリーブ:5粒
  • 粉チーズ:大さじ1

 

  1. レタスを1口程度の大きさにちぎり、お皿の上に平らに盛ります。
  2.  

  3. ブロッコリースプラウトを根から2pほど切り落として水洗いしましょう。
  4.  

  5. トマトを角切りにし、ブラックオリーブは輪切りにします。
  6.  

  7. 切った食材をレタスの上に散らし、粉チーズをかけたらお好みのドレッシングで頂きます。

 

L-システイン

 

含まれる食品:鶏肉・豚肉・牛肉・チーズ・納豆・しらす

 

【鶏肉のチーズグリル】

 

材料
  • 鶏もも肉:1枚
  • にんにく:1/2片
  • オリーブ油:小さじ4
  • バジル:少々
  • 塩・コショウ:各少々
  • トマトケチャップ:大さじ1
  • スライスチーズ:1枚

 

  1. 鶏もも肉の余分な脂を取り、皮目を軽くたたいておきます。厚さが均一になるようにしましょう。
  2.  

  3. にんにくをつぶし、オリーブ油、バジル、塩コショウとともに混ぜ、鶏肉にもみこみます。
  4.  

  5. フライパンにオリーブ油を熱し、鶏肉を皮目から焼いていきます。余分な脂をキッチンペーパーで拭きつつ、表面に焦げ目がついたら蒸し焼きにします。
  6.  

  7. ふたを取って水分を飛ばしたらケチャップを塗り、チーズを乗せ弱火でチーズをとかしたら完成です。

 

ビタミンE

 

含まれる食品:ナッツ類:アボカド・かぼちゃ・ほうれん草・いくら

 

【アボカドと豆腐のわさび醤油和え】

 

材料
  • 豆腐:1/2丁
  • アボカド:1/4個
  • 醤油:大さじ2/3
  • わさび(チューブ):2cm
  • 炒りごま:小さじ1/4

 

  1. 豆腐は軽く水切りを行っておきます。
  2.  

  3. わさびと醤油を混ぜわさび醤油をつくります。
  4.  

  5. 一口サイズに切ったアボカドと豆腐をさっくりと混ぜ合わせてわさび醤油を和え、冷蔵庫でなじませます。いただく前に炒りごまをかけてどうぞ。

 

βカロチン

 

含まれる食品:にんじん・しそ・かぼちゃ・ほうれん草

 

【キャロットラペ】

 

材料
  • にんじん(皮つき):1本
  • 塩:小さじ1/2
  • はちみつ:大さじ1
  • レーズン:大さじ1
  • ラム酒:小さじ1/2(なくてもOK)
  • ローストナッツ:大さじ1
  • ビネガー:大さじ1
  • オイル:小さじ1〜大さじ1
  • 塩コショウ:お好み

(ドレッシングの材料となります。お酢とオイルは好きな種類のものを使用しましょう)

 

  1. 皮つきのにんじんを千切りにし、塩を振ってしんなりするまでおいておきます。しんなりしたら軽く水気をしぼっておきましょう。
  2.  

  3. お好みでレーズンをラム酒につけておきます。(香付け目的なので、行わなくても大丈夫)
  4.  

  5. 荒く刻んだナッツをレーズン、はちみつ、ドレッシングの材料とませ合わせておきます。
  6.  

  7. にんじんと作ったドレッシングを混ぜ合わせたら完成です。

 

エラグ酸

 

含まれる食品:ザクロ・アサイー、いちご・ナッツ類

 

【ざくろと生姜醤油のドレッシング】

 

材料
  • ざくろを絞ったジュース:1/2カップ
  • バルサミコ酢:1/4カップ
  • ハチミツ:大さじ2
  • 醤油:大さじ1
  • すりおろし生姜:大さじ1
  • 植物油:1/4カップ
  • 塩:小さじ1/2

 

  1. ざくろを絞ってざくろジュースを準備しましょう。
  2.  

  3. 全部の材料をミキサーにかけるか、泡だて器でよく混ぜ合わせます。
  4.  

  5. サラダにかけていただきます。(ホタテなどを使ったシーフードサラダによく合います。)

 

他にも色々なレシピがありますので、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

関連ページ

液体窒素はシミ治療にも使われていた!
皮膚科や美容クリニックなどで行うのはレーザーでの治療のイメージがありますが、シミにも液体窒素を使っているんです!シミの治療に使う液体窒素の説明や、治っていく過程をまとめました!
シミや美白に効果的な漢方とは?
シミや肌荒れなどに悩む方は効果的な成分を取り入れた食事をしたり、漢方を使って体の内側から改善していく方も多くいます。今回はシミや美白に効果のある漢方をご紹介します!
シミに効果のあるおすすめサプリ
シミや美白には化粧品などの他に体の内側から効果のある栄養素を取り入れる事が大事!なので、簡単に取り入れられるサプリがおすすめ。シミに効果的なサプリをご紹介します!
気になるシミ、色素沈着かもしれません!
顔にある色素沈着してしまっているところがシミだと思われがちですが、全てがシミではないんです!色素沈着との違いや対処法をご説明します!
知っておきたいシミ対策!
シミの対策法を頭に入れておくだけで日頃から気をつけられる事がたくさんあります。シミ対策をしっかりとして美白肌を目指しましょう!
シミの改善には鉄分が重要だった!
普段の生活の中で不足しがちになってしまっている鉄分ですが、シミにも大きく関係があります。シミや美肌にはどうして鉄分が必要なのかをご説明します!
何よりも睡眠が大事!シミの原因は寝不足かも?
シミや肌トラブルには寝不足も関係しているのです。睡眠時間が短い方も多くいますが、どうして寝不足はシミの原因になってしまうのかをご説明します!
女性ホルモンが乱れるとシミになる!?
シミの原因はいくつもありますが、女性ホルモンの乱れも原因の一つです。シミと女性ホルモンの関係性や対処法などをご説明します!
精油でシミを撃退できる!?
シミは紫外線などによるダメージや、先天性のものなど様々な要因によって引き起こされますが、精油による自然治癒能力の向上で改善が期待されるといわれています。シミと精油の関係性はどういった部分にあるのでしょうか?
長年悩んでいたシミを消すことができるアロエは万能植物!
長年悩んでいたシミにアロエを使い続けていたら綺麗に消えてしまったと喜びの声を聞くことが多いですが、アロエはシミ以外にも素晴らしい効果を発揮する万能植物です。
シミも消せる!?エステサロンで行われる施術とは
美しくいるために通う女性が多いエステサロン。シミを消すことのできる施術方法も存在します。エステサロンで行われる施術をはじめに、シミに本当に効果を示すのかを調べました。
くすみはシミ以上に年齢を老けて見せてしまう?
肌色を悪く見せてしまうくすみはシミ以上に見た目を老けて見せてしまう原因です。くすみが出来てしまう原因はシミと同じなのでしょうか?
肌の漂白剤、ハイドロキノンを使ったシミ用の市販薬とは?
シミに最も効果があるといわれている成分がハイドロキノンです。昔は医師の処方の元でしか取り扱いができませんでしたが、薬事法が改定されてからはシミケアの市販薬や化粧品の成分としても扱われるようになりました。ハイドロキノンを使用している市販薬について紹介します。
産後のシミ、消えるの?増えるの?
妊娠中の女性ホルモンの変動によって、産後のシミに悩む人は少なくありません。その中でも、産後にシミが消えたという人もいれば濃くなったという人もいます。なぜ、人によってそのような差が生じてしまうのでしょうか?
ストレスでシミが増える?その原因と解決法とは
シミといえば女性ホルモンや紫外線の影響でできるものというイメージが多いですが、実は疲れやストレスも原因になるといわれています。ストレスがシミにどういった影響を与えるのでしょうか。