シミ(しみ) 色素沈着

気になるシミ、色素沈着かもしれません!

 

鏡を見る女性の画像1

 

シミと色素沈着は見分けがつかない方も多くいますが、実は全くの別もので原因や対処法も違うんです。

 

全てをシミだと思い、シミ用のケアをしても色素沈着の改善は難しいです。

 

正しい対処法でシミや色素沈着のない美肌を作っていきましょう!

 

シミと色素沈着の違いはどこ?

 

一般的にシミと呼ばれるものは多くが紫外線が原因といわれています。

 

紫外線からのダメージを受けると肌はメラニンを生成しはじめます。

 

通常、メラニンが蓄積されてできてしまったシミは、約28日周期でやってくる肌細胞のターンオーバーでメラニンが排出されます。

 

ターンオーバーが乱れていると排出しきれなかったメラニンが残り、シミになります。

 

一方、色素沈着は炎症性色素沈着と呼ばれニキビややけど、かぶれなどの炎症が治まったあとに色素沈着として肌に残ってしまいます。

 

いわゆるニキビ跡などの跡も色素沈着です。

 

また、色素沈着の原因として、肌を摩擦で傷つけてしまう事もその一つです。

 

顔の皮膚は体よりも薄いので、洗顔のしすぎや、こすりすぎなどの摩擦のダメージで色素沈着を引き起こします。

 

このようにシミと色素沈着の原因は全然違うものであって予防や改善法も違ってきます。

 

シミへの対処法

 

シミを皮膚科などの医療機関で治療する場合はレーザー、凍結療法、ケミカルピーリング、ハイドロキノン軟膏、トレチノイン軟膏、トランサミン、ビタミンC誘導体、ビタミンE、Lシステインなどが受けられます。

 

シミにレーザー治療を受ける場合は保険が適用されないケースがほとんどなので、まずは軟膏や内服薬から受けてみる方が良いでしょう。

 

その他に日々のお手入れでもシミの改善、予防ができます。

 

美白成分がたくさん入っている化粧品を使う事で、メラニンの生成を抑える効果や、ハイドロキノンやビタミンCが入っている化粧品はシミを無色化してくれる効果も期待できます。

 

自宅で簡単にできるピーリングも販売しているので、ピーリングでターンオーバーを正常化する事も大切です。

 

大きな原因となっている紫外線も忘れずに予防するようにしましょう。

 

生活習慣の乱れやストレスの蓄積などもシミには悪影響なので、日常から見直していくのも大事です。

 

色素沈着への対処法

 

色素沈着の改善でおすすめしているのは紫外線予防とピーリング、美白化粧品です。

 

一般的なシミで使われているレーザーでの治療は、色素沈着にあまり効果がありません。

 

皮膚科や美容クリニックなどで受けられるケミカルピーリングや、自宅でもできるピーリングが効果的です。

 

ピーリングをする事でいらなくなった角質や色素を洗い流してくれるので、ターンオーバーの促進にも効果があります。

 

ですが洗いすぎも良くないので、ピーリングの使用は使う種類にもよりますが、一週間に一度くらいで良いでしょう。

 

美白化粧品もたくさんの種類がありますが、たとえ高い化粧品を買っても肌に合わないと逆効果になってしまうので、自分に合った化粧品を使うようにして下さい。

 

皮膚科などで処方できる軟膏も無色化できる成分が入っているものは効果があります。この場合は医師の指示を仰ぎ、正しく使用して下さい。

 

紫外線のダメージは様々な肌トラブルを引き起こす原因となってしまうので紫外線対策はしっかりと行って下さい。

 

 

 

関連ページ

液体窒素はシミ治療にも使われていた!
皮膚科や美容クリニックなどで行うのはレーザーでの治療のイメージがありますが、シミにも液体窒素を使っているんです!シミの治療に使う液体窒素の説明や、治っていく過程をまとめました!
シミや美白に効果的な漢方とは?
シミや肌荒れなどに悩む方は効果的な成分を取り入れた食事をしたり、漢方を使って体の内側から改善していく方も多くいます。今回はシミや美白に効果のある漢方をご紹介します!
シミに効果のあるおすすめサプリ
シミや美白には化粧品などの他に体の内側から効果のある栄養素を取り入れる事が大事!なので、簡単に取り入れられるサプリがおすすめ。シミに効果的なサプリをご紹介します!