シミ(しみ) 市販薬

肌の漂白剤、ハイドロキノンを使ったシミ用の市販薬とは?

 

軟膏の画像

 

肌の漂白剤とまで言われるほど、シミケアの効果に優れている成分がハイドロキノンです。

 

多くのシミケアの化粧品や市販薬に起用されていますが、これほど強い成分を普通に使っても問題がないのでしょうか?

 

ハイドロキノンの効果や、市販薬と処方薬の違い、危険性などについて調べてみました。

 

ハイドロキノンとは

 

ハイドロキノンは世界的に美白効果が認められている成分で、欧米ではシミの治療薬として一般的に使われてきている成分です。

 

美白効果があるとされている成分の多くは「メラニンの生成を抑える」効果を発揮するものが多く、生成されてしまったメラニンにアタックすることはできません。

 

しかし、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑える効果はもちろんのこと、生成されたメラニンを還元し取り除く効果があります。還元効果のある美白成分はハイドロキノンのほかにビタミンCやアルブチンなども存在しますが、これらの成分の10〜100倍もの効果を発揮するといわれています。

 

日本でも2001年に薬事法の変更により医師の処方なく使用できるようになりましたが、効果が高い分引き起こす副作用も大きいとして、市販されている商品に含まれるハイドロキノンの含有量はごく少量です。

 

市販薬と処方薬の違い

 

病院で処方されるハイドロキノンと、市販されているハイドロキノンには多くの違いが存在します。

 

濃度

市販されているハイドロキノンには配合されている濃度に上限が決められています。そのため、市販薬や化粧品に含まれるハイドロキノンは1〜4%と低濃度となっています。

 

それに比べ、病院では5%以上のものを処方してもらうことも可能です。しかし、一般的にシミ消しに処方されるハイドロキノンの濃度は5%未満のものが多いようです。

 

値段

ハイドロキノンの処方は一般的に美容目的ですので、保険が適用されません。そのため、自費治療になりますので薬代だけで1万円近く請求されることもあります。

 

一方、市販薬は処方薬に比べ値段が格段に安く抑えられます。

 

浸透性

処方されるハイドロキノンは肌への浸透が悪いとされています。そのため、浸透を促すためにトレチノインという薬を一緒に処方されることが多いです。

 

市販薬に関しては浸透されやすいよう加工がされていますので、単品で使っても問題はありません。

 

専門家からの指示

病院でハイドロキノンを処方される際、皮膚のエキスパートである医師が実際に診察を行い、シミの状態を確認してから症状に合わせた薬を処方してくれます。

 

もちろん、改善が見られたら薬の濃度を下げてくれるなどの対応も行ってくれます。しかし、市販薬では自分ですべて判断することがありません。自分のシミの状態に合わないものを使用してしまうと改善が見られないだけでなく、悪化させてしまう危険性もあります。

 

危険性

 

ハイドロキノンには副作用などの危険性は無いのでしょうか?

 

発がん性

ハイドロキノンはメラニン色素を破壊する成分です。しかし、メラニン色素は皮膚組織にとって非常に大切な働きをしています。

 

メラニンは肌の内部に紫外線などのダメージを与えないようにするためのいわゆる盾のような役割を持っています。しかし、ハイドロキノンによってメラニン色素が破壊されてしまうと肌を守る物質がなくなってしまい、丸腰の状態となってしまいます。

 

この状態で紫外線に当たることで、紫外線が肌の内部に入り込み、健康な細胞を作り出すために必要なDNAが破壊されてしまいます。

 

これにより、細胞異常によって引き起こるがんの発症率が高まると考えられています。

 

老化促進

これも、メラニン色素を破壊することにより肌に直接紫外線ダメージを受けることによる弊害です。

 

紫外線がDNAや細胞を破壊することで皮膚のハリや潤いを守るためのたんぱく質にも異常をきたします。

 

これにより、肌のハリや潤いが失われてしまいしわができてしまう原因となります。

 

ハイドロキノンは非常に効果の高い成分ですが、一時的に使う薬であることを念頭に使用するようにしましょう。

 

長期的に使用することは様々な弊害を生む原因となってしまいます。

 

 

 

関連ページ

液体窒素はシミ治療にも使われていた!
皮膚科や美容クリニックなどで行うのはレーザーでの治療のイメージがありますが、シミにも液体窒素を使っているんです!シミの治療に使う液体窒素の説明や、治っていく過程をまとめました!
シミや美白に効果的な漢方とは?
シミや肌荒れなどに悩む方は効果的な成分を取り入れた食事をしたり、漢方を使って体の内側から改善していく方も多くいます。今回はシミや美白に効果のある漢方をご紹介します!
シミに効果のあるおすすめサプリ
シミや美白には化粧品などの他に体の内側から効果のある栄養素を取り入れる事が大事!なので、簡単に取り入れられるサプリがおすすめ。シミに効果的なサプリをご紹介します!
気になるシミ、色素沈着かもしれません!
顔にある色素沈着してしまっているところがシミだと思われがちですが、全てがシミではないんです!色素沈着との違いや対処法をご説明します!
知っておきたいシミ対策!
シミの対策法を頭に入れておくだけで日頃から気をつけられる事がたくさんあります。シミ対策をしっかりとして美白肌を目指しましょう!
シミの改善には鉄分が重要だった!
普段の生活の中で不足しがちになってしまっている鉄分ですが、シミにも大きく関係があります。シミや美肌にはどうして鉄分が必要なのかをご説明します!
何よりも睡眠が大事!シミの原因は寝不足かも?
シミや肌トラブルには寝不足も関係しているのです。睡眠時間が短い方も多くいますが、どうして寝不足はシミの原因になってしまうのかをご説明します!
女性ホルモンが乱れるとシミになる!?
シミの原因はいくつもありますが、女性ホルモンの乱れも原因の一つです。シミと女性ホルモンの関係性や対処法などをご説明します!
精油でシミを撃退できる!?
シミは紫外線などによるダメージや、先天性のものなど様々な要因によって引き起こされますが、精油による自然治癒能力の向上で改善が期待されるといわれています。シミと精油の関係性はどういった部分にあるのでしょうか?
長年悩んでいたシミを消すことができるアロエは万能植物!
長年悩んでいたシミにアロエを使い続けていたら綺麗に消えてしまったと喜びの声を聞くことが多いですが、アロエはシミ以外にも素晴らしい効果を発揮する万能植物です。
シミも消せる!?エステサロンで行われる施術とは
美しくいるために通う女性が多いエステサロン。シミを消すことのできる施術方法も存在します。エステサロンで行われる施術をはじめに、シミに本当に効果を示すのかを調べました。
くすみはシミ以上に年齢を老けて見せてしまう?
肌色を悪く見せてしまうくすみはシミ以上に見た目を老けて見せてしまう原因です。くすみが出来てしまう原因はシミと同じなのでしょうか?
産後のシミ、消えるの?増えるの?
妊娠中の女性ホルモンの変動によって、産後のシミに悩む人は少なくありません。その中でも、産後にシミが消えたという人もいれば濃くなったという人もいます。なぜ、人によってそのような差が生じてしまうのでしょうか?
食事でシミを薄くできる!?
シミといえば美白化粧品やレーザー治療などで薄くするイメージがありますが、食事を気にするだけでも薄くする効果が期待できます。シミを薄くすることができる食事とはどういったものでしょうか?
ストレスでシミが増える?その原因と解決法とは
シミといえば女性ホルモンや紫外線の影響でできるものというイメージが多いですが、実は疲れやストレスも原因になるといわれています。ストレスがシミにどういった影響を与えるのでしょうか。