シミ(しみ) 産後

産後のシミ、消えるの?増えるの?

 

赤ちゃんと母親の画像

 

産後のシミは女性ホルモンの影響でできますから、普通に生活していればホルモンのバランスが落ち着くと消えていくはずなのですが、人によっては産後に消えずさらに濃くなってしまったという方もいます。

 

シミが消える人と残ってしまう人の差は一体なんなのでしょうか?

 

産後のシミのスキンケア方法についてご紹介します!

 

産後のシミは女性ホルモンが大きく影響している

 

シミをつくってしまう原因となるのが女性ホルモンです。妊娠中の女性はホルモン量が通常の100〜1000倍にもなります。

 

しかし、産後1か月で元のホルモン量に戻ります。

 

この急激なホルモン量の変化の影響で、産後の女性の体は一時的に更年期の女性と同じような状態になります。

 

エストロゲン

女性らしさを出すために必要なホルモン。女性らしい体つきを形成し、肌の状態を最適に保ちますが、肌を守るためにメラニン色素を増やしてしまいます。

 

メラニン色素は肌が紫外線によるダメージを受けないように守るため、肌の健康を守るために非常に大切なものなのですが、妊娠中にメラニン色素を過剰に作り出してしまうことでシミやそばかすとなって残ってしまいます。

 

妊娠中は乳首や脇の下、陰部なども茶色くなってしまいますがこれもエストロゲンの働きによるもので、産後自然と落ち着きます。

 

ちなみに、子供や年齢を重ねた女性の乳首や陰部はきれいなピンク色をしていますが、これはエストロゲンが少ないためだと考えられます。

 

プロゲステロン

プロゲステロンは体が母親になるために必要なホルモンです。胎児が過ごしやすいように子宮に血液でふかふかのクッションをつくったり、体を疲れやすくします。

 

体をできるだけ動かさないようにするため、あえて疲労感を与えるのです。

 

授乳中の女性はシミが消えやすい?

 

シミやそばかすの原因となるホルモンはエストロゲンであることがわかりましたが、授乳中の女性はエストロゲンの分泌が抑えられます。

 

そのため、産後に授乳を行っているとメラニン色素を増やすエストロゲンがどんどん減少していくため、シミやそばかすが目立ちにくくなりやすいです。

 

しかし、授乳を行っていると美白ビタミンといわれているビタミンCを大量に消費します。

 

ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑える働きだけでなく、生成されたメラニン色素を還元して無色化する働きがあります。

 

そのため、透明感のある美しい肌には欠かせないのですが、授乳中の女性にはビタミンCが圧倒的に足りません。

 

紫外線対策が大切

 

女性ホルモンの影響で濃くなってしまった場合、自然と薄くなるのが通常なのですが、産後は紫外線のダメージからも弱くなっています。

 

そのため、紫外線を浴びたときに受けるダメージも多く、その分メラニン色素が生成されやすいです。

 

紫外線から肌を守るために生成されたメラニン色素がシミになってしまうと女性ホルモンのシミと違い、自然と消えることはありません。

 

妊娠中〜産後にかけて女性ホルモンの影響によってできてしまったシミの上から紫外線によるシミが沈着してしまうことで濃くなり、さらに消すことが難しくなってしまうのです。

 

妊娠中から外出するときには紫外線対策をしっかり行うことや、授乳が始まったらビタミンCを積極的に摂取するようにすることが大切です。

 

 

 

関連ページ

液体窒素はシミ治療にも使われていた!
皮膚科や美容クリニックなどで行うのはレーザーでの治療のイメージがありますが、シミにも液体窒素を使っているんです!シミの治療に使う液体窒素の説明や、治っていく過程をまとめました!
シミや美白に効果的な漢方とは?
シミや肌荒れなどに悩む方は効果的な成分を取り入れた食事をしたり、漢方を使って体の内側から改善していく方も多くいます。今回はシミや美白に効果のある漢方をご紹介します!
シミに効果のあるおすすめサプリ
シミや美白には化粧品などの他に体の内側から効果のある栄養素を取り入れる事が大事!なので、簡単に取り入れられるサプリがおすすめ。シミに効果的なサプリをご紹介します!
気になるシミ、色素沈着かもしれません!
顔にある色素沈着してしまっているところがシミだと思われがちですが、全てがシミではないんです!色素沈着との違いや対処法をご説明します!
知っておきたいシミ対策!
シミの対策法を頭に入れておくだけで日頃から気をつけられる事がたくさんあります。シミ対策をしっかりとして美白肌を目指しましょう!
シミの改善には鉄分が重要だった!
普段の生活の中で不足しがちになってしまっている鉄分ですが、シミにも大きく関係があります。シミや美肌にはどうして鉄分が必要なのかをご説明します!
何よりも睡眠が大事!シミの原因は寝不足かも?
シミや肌トラブルには寝不足も関係しているのです。睡眠時間が短い方も多くいますが、どうして寝不足はシミの原因になってしまうのかをご説明します!
女性ホルモンが乱れるとシミになる!?
シミの原因はいくつもありますが、女性ホルモンの乱れも原因の一つです。シミと女性ホルモンの関係性や対処法などをご説明します!
精油でシミを撃退できる!?
シミは紫外線などによるダメージや、先天性のものなど様々な要因によって引き起こされますが、精油による自然治癒能力の向上で改善が期待されるといわれています。シミと精油の関係性はどういった部分にあるのでしょうか?
長年悩んでいたシミを消すことができるアロエは万能植物!
長年悩んでいたシミにアロエを使い続けていたら綺麗に消えてしまったと喜びの声を聞くことが多いですが、アロエはシミ以外にも素晴らしい効果を発揮する万能植物です。
シミも消せる!?エステサロンで行われる施術とは
美しくいるために通う女性が多いエステサロン。シミを消すことのできる施術方法も存在します。エステサロンで行われる施術をはじめに、シミに本当に効果を示すのかを調べました。
くすみはシミ以上に年齢を老けて見せてしまう?
肌色を悪く見せてしまうくすみはシミ以上に見た目を老けて見せてしまう原因です。くすみが出来てしまう原因はシミと同じなのでしょうか?
肌の漂白剤、ハイドロキノンを使ったシミ用の市販薬とは?
シミに最も効果があるといわれている成分がハイドロキノンです。昔は医師の処方の元でしか取り扱いができませんでしたが、薬事法が改定されてからはシミケアの市販薬や化粧品の成分としても扱われるようになりました。ハイドロキノンを使用している市販薬について紹介します。
食事でシミを薄くできる!?
シミといえば美白化粧品やレーザー治療などで薄くするイメージがありますが、食事を気にするだけでも薄くする効果が期待できます。シミを薄くすることができる食事とはどういったものでしょうか?
ストレスでシミが増える?その原因と解決法とは
シミといえば女性ホルモンや紫外線の影響でできるものというイメージが多いですが、実は疲れやストレスも原因になるといわれています。ストレスがシミにどういった影響を与えるのでしょうか。